クルマに取り入れている外部からの空気には埃やゴミ、異物といったものが多く含まれており、このゴミや埃を取り除きエンジンの内部を守る役割をしているパーツがエアフィルターです。このフィルターが目詰まりして汚れてしまうと吸入する空気がフィルターを通りにくくなってしまう為、燃費が悪くなったりエンジンの出力が低下してしまうといった機能低下に繋がってしまいます。一般的なクルマには角型や円型のボックスの中に装着されており、昔に比べて大気が綺麗になったり、フィルター自体の性能が向上していますので近年ではボックスがとてもコンパクトになっています。メンテナンスはエンジンオイルのオイル交換などのように定期的な感じが無い為、チェックを忘れがちなパーツですが、メンテナンスを行う事によって燃費が向上したりパワーが向上したりすることがありますので定期的なチェックをすることが大事です。一般的な交換の目安は走行距離が4万から5万くらい走行した時が交換時期といわれていますがフィルター自体の性能や悪環境の場合は1万から2万くらいのが目安とされています。フィルターボックス自体の開封は工具が必要ではありませんので女性の方でも点検しやすいパーツです。