» 未分類のブログ記事

クルマのパーツや消耗品の中でエアフィルターはなかなか定期点検をしてチェックする方は少なく汚れた状態で走行しているクルマが多いです。エアフィルターの大きな役割はエンジンに吸い込まれる大気中の空気に含まれている粉塵やゴミといった異物を取り除きエンジンに綺麗な空気を提供する役割を果たしています。その為長い間交換をしないで使用したフィルターの表面にはゴミや埃がフィルターの目を覆ってしまい空気の流れを悪くしてしまいます。交換の目安としては一般的に4万キロから5万キロ走行した時が交換時期の目安とされていますが走行する環境やエアフィルター自体の性能によって交換時期は大きく変化をしていきますので定期的なチェックが必用となり汚れがひどくなれば定期交換をすることがクルマに良いことの一つです。エアフィルターを汚れた状態で使用し続けると燃費の悪化やエンジン自体の性能の低下に繋がってしまいます。最近燃費が急激に悪くなったりクルマのパワー低下を感じているなどの方はエアフィルターの点検や交換で問題を解決することができる可能性があります。フィルターに目詰まりしている埃などはフィルター自体の性能で取れにくくなっていますので交換することが最適です。

車のエンジンに空気を送り込む人間の気管の役割を果たす部分として存在するインテークマニュホールドはエアクリーナを通して空気が送り込まれます。
エアクリーナー(エアフィルター)はエアクリーナーボックスと言われる箱状の部位に格納されており、外気を取り入れるための部分を通過し、きれいな空気にして燃料と混ざり、混合気としてシリンダー内部に送り込まれるという重要な役割を果たしています。
エンジンルーム内のインテークマニュホールドのエアクリーナーボックスは簡単に外すことが出来て、フィルターの交換も簡単ですが、車検などで交換されることが多い、このフィルターも必ずしも車検毎の交換が必要であるわけではありません。
吸気側で外からの汚れをストップさせエンジン内にゴミやほこりを遮断する役割で、20000キロ交換が理想的と言われていますが、ゴミや汚れの付き具合を考慮し交換するという判断でよいです。
フィルターは常にゴミやほこりを遮断させているので、早い段階で汚れは付きます。
そのたびに交換していては手間と費用が掛かるだけです。
かと言って、ゴミが詰まって空気入らなければエンジンに不具合が出て、燃費にも影響してきます。
信頼のできる自動車整備工場などで適度な判断により交換が必要となります。

クルマに取り入れている外部からの空気には埃やゴミ、異物といったものが多く含まれており、このゴミや埃を取り除きエンジンの内部を守る役割をしているパーツがエアフィルターです。このフィルターが目詰まりして汚れてしまうと吸入する空気がフィルターを通りにくくなってしまう為、燃費が悪くなったりエンジンの出力が低下してしまうといった機能低下に繋がってしまいます。一般的なクルマには角型や円型のボックスの中に装着されており、昔に比べて大気が綺麗になったり、フィルター自体の性能が向上していますので近年ではボックスがとてもコンパクトになっています。メンテナンスはエンジンオイルのオイル交換などのように定期的な感じが無い為、チェックを忘れがちなパーツですが、メンテナンスを行う事によって燃費が向上したりパワーが向上したりすることがありますので定期的なチェックをすることが大事です。一般的な交換の目安は走行距離が4万から5万くらい走行した時が交換時期といわれていますがフィルター自体の性能や悪環境の場合は1万から2万くらいのが目安とされています。フィルターボックス自体の開封は工具が必要ではありませんので女性の方でも点検しやすいパーツです。

自動車は、走行するために常に様々な機械が稼動しており、それらを正常に作動させるためには定期的な点検を行い、異常を未然に防ぐことが重要となります。
こうした可動部分は、金属同士が接触している部分が多く、摩擦も大きく発生するため、潤滑させるためのケミカル剤が必要となります。こうした潤滑油が消失している、または劣化していると、正常に機能することができなくなるため、補充や清掃などを行う必要があります。
こうした潤滑剤は、箇所によってそれぞれ用途が異なり、それに合わせた特性を持ったものを使用します。グリースなどは、摩擦が大きい動作部分に使用されることが多く、耐摩耗性や、耐熱性、耐久性に優れたものが多くなっています。
また、防錆剤を含んだ潤滑油などもあり、スプレー式など、汎用性に優れたものになっています。これは、可動部の潤滑の他、錆などで固着した部分をスムーズに動かすときに便利ですが、使用する場所によっては、グリースを溶かしてしまうこともあるため、併用には注意が必要です。
また、これらの固着を起こした部分は、古い潤滑油が残っている可能性もあるため、クリーナーなどの溶剤を用いて劣化した潤滑油を除去してから、新しく潤滑油を使用する必要があります。

車と油は切っても切れない関係です。燃料にガソリンを使うことに始まり、エンジンにはエンジンオイル、そしてドアやトランクなど開閉する部分には潤滑剤としてグリースが使用されています。
屋外でさまざまな条件の中を移動しているうちに、それらの油はほこりなどを巻き込んで固めていきます。車は、油だけでなく油汚れとも、切っても切れない関係なのです。
こうした汚れは油分の表面にほこりやゴミがついて固まっているだけですから、車の動作や性能には影響はありません。ですが、美観ということでいえばやはりかなり影響があります。可動部分のまわりやナットなど、細かいパーツもきれいにしておくと、愛車の見え方が違いますし、時間を見つけてぴかぴかにしてみてはいかがでしょう。
固まった油は、通常のシャンプーではクリームのように伸びるだけで落としきれないため、万能洗浄剤を使います。これは強アルカリ性のイオン水を使った洗浄剤で、黒く固まった油も落とすことができます。雨による水垢なども落とせますから、1本あると重宝します。
ナット部分ははずしてパーツクリーナーで洗浄しますが、雨水などでサビついていることがほとんどです。サビで回らないナットには、ルーズニングオイルなどの潤滑剤を吹き付けて外します。
パーツの汚れはクリーナーだけでなく、灯油を流用することもできます。ただし、たまに洗浄力が高いからとガソリンを使う方がありますが、引火性が強くて非常に危険です。これだけは避けてください。

愛車を長く使用するためには、日常的に基本的な点検を行い、車両の異常や不具合箇所に対し、未然に処置を行なっておくことで各部分が正常に動作するようになり、機械に余計な負担をかけることを防ぐことができます。
こうした点検の際、各箇所の用途に合わせて使用できる、様々なメンテナンスケミカル用品が販売されています。
基本的な潤滑油から、耐熱性、耐久性に優れた高負荷に対応したグリスなどの他防錆剤を配合したものもあります。また、各部の清掃に使用するクリーナーにも多くの種類の物があります。
エンジン内の燃料噴出口などのつまりや汚れを除去し、燃焼効率を正常にするインジェクションクリーナーや、キャブレターの老廃物などを取り除くキャブレタークリーナーなどのほか、各フィルター部分についた汚れを取るものなどもあります。また、こうした可動部部分に付着した劣化した潤滑油やゴミなどは、正常な可動の妨げになるため、こうした汚れに対しても、専用のパーツクリーナーを使用する必要があります。
また、電装品などの接点は、伝導率が高い金属を使用していますが、その分腐食や錆などが発生しやすく、それによって、接触不良を起こす原因となります。こうした錆や腐食を取り除き、接点の伝導率を回復するケミカルもあるため、必要に応じて使用する必要があります。

カーパーツは消耗する部品が多いですね。 車をカッコよくするパーツもありますが、走っていると自然と消耗してしまうパーツもあります。

ワイパーブレード、ライト類の電球、オイル関係、ブレーキパット、タイヤ・・・ どれも、安全に走行するために必要はパーツばかりです。

ワイパーブレードが劣化していると雨が降ったとき良い視界が確保できず危険性がアップしてしまします。 ライト類の電球が切れていると、特にヘッドライトの電球が切れていると夜間の走行はできません。 オイル関係ですと、エンジンオイルが劣化していると燃費が悪くなります。 さらに、エンジンオイルがなくなってしまうとエンジンが焼けてしまい車を走らせることができなくなってしまいます。 タイヤが減ると制動距離(車が止まるまでの距離)が長くなりとても危険な状態になります。 さらに、タイヤに亀裂が入っていると走行中にタイヤがバースト(破裂)してしまうと言うとても恐ろしい状況にもなります。

車を購入してからの交換をしていない方は、ぜひ点検をしてください。

お金はかかります。 車を快適に乗り続けるためには定期的な点検は必要です。

トラブルは突然起こります。

定期的な交換を心掛けて快適な車ライフを送りましょう。

自動車という物は壊れることは不可避であると考えられています。これは自動車が人力ではないエネルギーを利用して自動的に動くことを目的として作られているからです。車と言っても自転車はこの限りではありません。自転車は人力で動きますから、仮にコンディションを保っていれば半永久的に動く物と言うことができます。しかしながら、自動車は違います。自動車は動かしていなく経年によって劣化していきます。これは酸化による錆びや腐朽といったことだけではなく、何よりも電気を必要とするからです。バッテリーは自動車を走らせていなくても自然放電し、そのまま放置すればやがて完全放電して使い物にならなくなってしまいます。もっとも自動車を全く動かない工芸品や置物の様に見るのならば、話は別でしょう。
自動車は不可避的に壊れる物ということを大前提にするならば、その寿命を如何に長く保つかということがポイントになります(ここで言う寿命とは、常に良いコンディションの状態を如何に長く保つかということも含まれます)。そのためにはいくつかの車の部品を消耗品と捉えて適切な交換を行うことが肝要です。言うまでもなく消耗の度合いは、車の使用状況、コンディションによって千差万別です。ただ、レースやスポーツ走行等特殊な使い方を除いて大多数の一般的なユーザーの使い方に絞れば、自ずと消耗品と呼ばれる物が見えてきます。代表的な物はやはりバッテリーとタイヤということになるでしょう。その他、頻度の高い物として照明の電球が挙げられます。またワイパーのゴム、サスペンションのブッシュ、タイミングベルトなどゴム類は一定の使用環境で消耗しやすい部品と言えます。

車のコンディションをいつも良く保つために定期点検が必要で、その代表的な点検整備として車検があります。
車検では点検項目が決められており、定められた部分が検査でクリアすれば車検そのものは通ってしまいます。
ユーザーが車検費用を抑えるため安価な車検を業者に依頼して車検だけを通すということがあります。
ただ、ここでは何も部品交換をせずに自賠責支払いと納税を行い最低のチェック項目を検査しクリアしたということで、車検そのものの意味を成していないのです。
ここでいう交換部品は主に消耗部品です。
消耗部品の交換といえばベルト関係、フィルター関係、ブレーキパーツ、オイル関係、電球パーツ(バルブ類)、タイヤ(残溝)などが代表的です。
これらの部品がすべて車検時に換えなければいけないことはなく、使用頻度による消耗度合いを考慮して交換することがベストでしょう。
一定の走行距離や年数がきて、交換を要する場合でも交換を怠れば不具合が生じることもあります。
オイル関係の場合、人間でいう血液の役割があるため、オイルそのものの汚れはエンジンやブレーキなどの作動性を悪くします。
人間で言えば血液が循環器の不具合を起こすことに繋がるため、オイル関係のマメなチェックと交換は必要です。