車のエンジンに空気を送り込む人間の気管の役割を果たす部分として存在するインテークマニュホールドはエアクリーナを通して空気が送り込まれます。
エアクリーナー(エアフィルター)はエアクリーナーボックスと言われる箱状の部位に格納されており、外気を取り入れるための部分を通過し、きれいな空気にして燃料と混ざり、混合気としてシリンダー内部に送り込まれるという重要な役割を果たしています。
エンジンルーム内のインテークマニュホールドのエアクリーナーボックスは簡単に外すことが出来て、フィルターの交換も簡単ですが、車検などで交換されることが多い、このフィルターも必ずしも車検毎の交換が必要であるわけではありません。
吸気側で外からの汚れをストップさせエンジン内にゴミやほこりを遮断する役割で、20000キロ交換が理想的と言われていますが、ゴミや汚れの付き具合を考慮し交換するという判断でよいです。
フィルターは常にゴミやほこりを遮断させているので、早い段階で汚れは付きます。
そのたびに交換していては手間と費用が掛かるだけです。
かと言って、ゴミが詰まって空気入らなければエンジンに不具合が出て、燃費にも影響してきます。
信頼のできる自動車整備工場などで適度な判断により交換が必要となります。